お問い合わせをお待ちしております
TEL. 075-406-0511

ホーム > 症状別メニュー > 腰痛

こんな腰痛の症状でお困りではありませんか?

photo
  • 立ったり坐ったりが腰痛できつい
  • ギックリ腰を何度も繰り返している
  • 咳やくしゃみで腰痛が起こる
  • 顔を洗うのがきつい
  • 腰痛で車の運転がきつい
  • 仕事中座っていると腰痛が起こる
  • 臀部から足にかけて痛みやしびれがある

腰痛の原因と対処法

腰周りは重い上半身を支える身体全体の軸であり、よく動かさなくてはいけない大事な部分です。 腰痛に悩まされている方は1000万人とも3000万人ともいわれ一生の間に80%の人は腰痛を経験するといわれています。
症状は様々で「腰が重い、だるい」「仕事すると痛む」「寝ていても痛む」などあります。
ストレスとの関連性もいわれています。

なぜ腰痛が起こるの?

腰痛の原因は、色々考えられます。 原因は諸説ありますが、「筋疲労」「背骨のゆがみ」といわれています。
デスクワークなどで長時間同じ姿勢をする方、中腰で仕事をする方に特に「筋疲労」を起こしやすく筋肉を硬く硬直させてしまいます。
また、悪い姿勢で座っている方、筋力の弱い方は「背骨のゆがみ」を生じやすい傾向があります。
ぎっくり腰になるにはぎっくり腰になる理由が、椎間板ヘルニアになるには椎間板ヘルニアになる理由があります。

どうしたらいいの?

まずは、原因をとってあげることが大切です。
痛みの強い時は安静にして強い痛みがひくまで待ちましょう。コルセット、腹帯などで固定すると楽です。
当院では、背骨のゆがみをチェックし、ゆがみがある場合は矯正していきます。
また、慢性化した痛みの場合は、トリガーポイントを見つけ出し、コア(奥)筋肉を刺激することでよくしていきます。
問診と触診により患者様にあったプランをご提案のうえ、施術をしていきますので、まずは、お気軽にご相談ください。
また、自宅でできるストレッチ法や生活習慣もアドバイスすることにより、辛い腰痛を少しでも改善できるようサポートしていきます。
※痛みの原因が内蔵の疾患にあると思われる場合は、専門医の受診をおすすめする場合があります。


 

ピックアップ!「ぎっくり腰」

ぎっくり腰は、突然、腰を襲う激しい痛みです。
別名「魔女の一撃」とも言われるぐらいの痛みで、重いものを持ち上げようとしたり腰をかがめた時になることや、きっかけがわからないケースもあります。

ぎっくり腰の症状

  • 体を動かす瞬間に腰に激しい痛みが走る
  • 時間の経過とともに痛みがだんだん増していく
  • 痛みのため歩行が困難になる
  • 寝返りが困難
  • 起き上がった状態よりも、横になって膝を曲げているほうが楽

ぎっくり腰になったら

ぎっくり腰になると2日〜週間ほど安静にしておく必要があります。 寝るときは、横向きで膝の間に枕をはさんだり、仰向けで膝を立てたり、楽な体勢になり体を休めましょう。
腰を温めると痛めた組織が炎症を起こすことも考えられますので、入浴は避けた方がよいでしょう。
アイシングなどで冷やすと痛みが和らぎます。
※冷感湿布は、冷たく感じるだけで、実際には熱の移動は無く、冷やしてはいませんので、氷などで冷やした方が効果的です。

うの整骨院おすすめコース

ぎっくり腰の治療では、傷めている部位をしっかりと把握し、その部位や症状にあった治療をすることが大切です。
鍼治療で、腰周辺の硬直した筋肉を直接ほぐし、強い緊張状態を緩和することができます。 施術により痛みを和らげるだけでなく、体操やストレッチなどのアドバイスを受けることも可能です。
鍼治療を受けたことのない方は「痛そう」と躊躇される方が多いですが、髪の毛よりも細いくらいの鍼を使用しますので、痛みはほとんど感じません。
また、使い捨ての鍼を使用しておりますので、衛生面もご安心ください。
軽い運動、ストレッチを行いながら、ぎっくり腰が再発しないように心がけましょう。

「うの整骨院」は京都市中京区にある整骨院です。
二条駅周辺での鍼灸施術地域ナンバーワンの実績があり、ぎっくり腰や慢性腰痛、肩こりの改善を助ける施術を、一人一人の状態に応じて行っていきます。二条駅から徒歩2分という好立地にありますので、是非ご活用ください。


ページトップに戻る